テキサスホールデムのプレイ画面
石田カジ男石田カジ男

では、今回は、人気のテーブルゲーム「テキサスホールデム」について、話していきます。

まず、初心者の人に
よくある疑問は、

「このテキサスホールデムと
 ポーカーってどう違うの?」

って話しです。

この違いについて、
なるべく分かりやすく
話していきます。

「テキサスホールデム」「ポーカー」の違いは?

まず、ザックリと
話していきますと、

あくまでも、枠組み的には、

■「テキサスホールデム」は
 「ポーカー」ゲームの1種

ってコトになります。

ポーカーは世界的に
有名なテーブルゲームなんですが、
本当に いろんな
ルールのバリエーションが
あるんですね。。

その中の1つが
「テキサスホールデム」
という感じ。。

なので、人によっては、

・テキサスホールデムポーカー

とかと呼ぶ人も
いるんですね。

なので、ポーカーとの
「違い」も もちろん
あるんですが、
「共通点も多い」って
コトになります。

「役」は一緒

一番 分かりやすい
トコロだと、

■テキサスホールデムと
 ポーカーは「役」は一緒

です。

「役」っていうと、

  • ストレート
  • フラッシュ
  • 2ペア

とか、手札の強さを
決める組み合わせの
コトですね。

これについては、
テキサスホールデムは
しっかりとポーカーを
引き継いでいて、

「役の形」「役の強さ」

も同じになっています。

「コミュニティカード」が肝

。。じゃ、テキサスホールデムと
ポーカーの決定的な「違い」は
どこなん?

ってイラ立つ人もいると
思うんですが、、

この決定的な違いは、

★テキサスホールデムには
 「コミュニティカード」が
 存在する

って点ですね。

コミュニティカードって
いうのは、

「最大で5枚公開される
 テーブルに表向きに
 置かれた共通のカード」

です。

普通のポーカーだと
手札は、全て他の
プレイヤーには見れない
状態で配られると
思うのですが、、

プレイヤー全員に
共通するカードが
場に晒されるっていうのが
テキサスホールデムの
面白いトコです。

もちろん、他の人には
見られない手札も
配られるんですが、
それは「2枚」です。

。。で、最終的に、

■コミュニティカード5枚と
 手札2枚から強いカードを
 組み合わせて役を作る

ってのが、
テキサスホールデムの
メインのルールになります。

(ちなみに役は
 ポーカーと同じ
 5枚で完成するモノです。
 つまり、7枚から
 2枚を除外して役を
 作るって感じですね)

テキサスホールデムは「交換」はなし

。。さらに、
テキサスホールデムと
ポーカーの違いについて
話していくと、

一般的なポーカーは、
5枚配られてから、
弱いカードを場に
捨てて、引き直すっていう
「交換」ができるモノが
主流なんですが、、

テキサスホールデムでは、
こういった「交換」が
ないってのも
特徴です。

■手札がそれぞれに2枚配られる

   ↓

■場に3枚開かれる(フロップ)

   ↓

■場に1枚開かれる(ターン)

   ↓

■場に1枚開かれる(リバー)

って流れで
進められるんですが、
「交換」は一切
ないんですね。

これもポーカーと
違ったルールですね。

ベットなどの判断をするタイミングが多い

。。あと、テキサスホールデムは、

先ほどの流れでいうと、

  • フロップの前(プリフロップ)
  • フロップの後
  • ターンの後
  • リバーの後

と合計4回
「賭け」を行います。

普通、ポーカーだと、

「手札が5枚配られた後」
「交換した後」

の2回ですんで、
倍になりますね。

テキサスホールデムのポーカーにはない魅力って?

。。ま、細かく言うと、
まだまだ いろんな
違いがあるかもですが、、

大きな違いは、今
話した感じだと
思います。

。。で、この
ルールの違いによって
テキサスホールデムは、
今や圧倒的に普通の
ポーカーより人気が
出てるんですよね~。。

どんな魅力があるのかって
話しをすると、、

コミュニティカードで「読み合い」が深まる

まったく、他の人の
カードを見るコトなく
進行していくポーカーと
違い、テキサスホールデムは

・大部分が公開されて
 いく形で進行する

って流れになります。

このコトで、相手が
持ってる2枚のカードが
何なのか、っていう
「読み合い」の要素が
強まりますね。

4回も賭けを行うので「心理戦」の色も濃い

。。今、

「大部分が公開されていく」

って言ったんですが、
最初のベットは、

・コミュニティカードも
 公開されず、
 各プレイヤーが2枚ずつ
 手札を持った状態から
 スタートする

ってトコもポイントです。

各進行ごとに
局面が大きく
変わってきて、
それによって

お互いの「駆け引き」に
よって、勝敗が大きく
動きます。

極端な話し、何の
役もできていないのに
大勝ちするって
パターンも十分に
あり得るんですね。

そういった心理戦の
要素もテキサスホールデムの
大きな魅力になってます。

ポジションの戦略も加わりバランスがいい

さらに言うと、
賭けを始めていく場所
(席順)によっても
有利・不利っていうのが
かなり出てくるのも
テキサスホールデムの
特徴になってます。

(ちなみに、この
 順番は毎回、1つずつ
 ズレていく形です)

  • 相手は何を持ってるのか
  • 相手はいい役を作ってる?それともブラフ?
  • ポジションの有利・不利も考慮して相手がどんな手を打ってくるか

進行ごとに大きく
変わってくる局面に
対して、、

相手の手札や
行動を読みつつ、、

賭けをしていく。。

もちろん、運の要素も
あるんですが、そういった

「心理戦」や「戦略」

を駆使して勝率を
上げるコトができるのが
テキサスホールデムの
醍醐味なんじゃないかな~
って思います。

。。まだ
やったコトがないって
人も、ぜひ一度
プレイしてみてくださいね。