Apple社のアプリ「テキサスホールデム」のプレイ画面
石田カジ男石田カジ男

では、今回は、連載しているテキサスホールデム奮闘記「立ち回り」編に移っていこうと思います。

前回に引き続き、「確率」の話しを
していこうかとも
思ったんですが、、

この後も いろいろ
参考になる「確率」って
いうのは、

プリフロップ、
フロップとかの
「各場面ごと」に
使うモノが主流に
なってくるため、

■各場面ごとにまとめた

方が分かりやすいかな、、

って思いました。

なので、ここからは、
「立ち回り」編として、
話していこうと思います。

。。本当は、
「戦略編」ってしたかった
んですが、戦略を語るほど
場数を踏んでいませんので、、(^_^;)

あくまでも、各場面に
おける重要だと思われる
事項・考え方などを
ネットとかで調べて
まとめるって作業が
メインになります。

。。で、今回は、
まず、その各場面の
最初の部分

■プリフロップ以前

について、話して
いこうと思います。

「プリフロップ以前」の立ち回りって?

■プリフロップ以前の立ち回り

ってコトバ、、ちょっと
おかしいかもしれないんだけど、、(^_^;)

(そもそもプレイが
 始まってないので、
 「立ち回る」ってコトが
 そもそもできない汗)

■まだ、まったくカードが
 配られてない時点で、
 すでに発生してる要素

って感じで受け取って
下さい。

それによって、今後
行われるゲームの立ち回りに
変化を与えるモノが
「ある」と思います。

具体的には、

  • 順番(ポジション)
  • 持ち金
  • 参加人数
  • メンバーの構成

ですね。。

1つずつ、話していきますね。

テキサスホールデムは「順番」の有利・不利が大きい

これは、かなり
多くの人が言ってるコトなので、
まちがいないと思うんですが、

■テキサスホールデムにおいて
 順番(ポジション)が
 持ってる有利性はデカい

ってコトですね。。

。。で、くわしくは、

「後出しジャンケン」じゃ
ないですが、

■後にアクションを起こす
 人ほど有利

ってコトになってます。

(前の順番の人の
 アクションを確認してから
 自分のアクションを起こせる
 から)

つまり、最後にアクションを
起こせる「ディーラー(BTN)」が
一番有利ってコトになります。

SB・BB・ディーラーは「プリフロップ」では ちとビミョー

。。ただ、プリフロップに
関して言うと、
強制ベットをしなきゃいけない

■SB・BB

は、実は一番
最後の方でアクションを
起こす順番になってる
ってトコは、ちょっと
面白いですね。。

それ以外の3回の
アクションは、すべて
SBから始まるので
「圧倒的不利」なんですが、

プリフロップに関しては、
SB・BB・ディーラーの
立ち位置・有利性が
ちょっと変わるのには
注意が必要です。

強制ベットは不利要素?

あと、ついでに
話しておくと、

■SB・BBは強制ベットを
 しなきゃいけないので
 不利だ

って考える人も
いるかもしれませんが、、

これは、持ち回りで
みんなが順番に払って
いくモノなので、別に

■SBやBBの順番の時に
 特別不利

な要素にもなっていないのでは、、
と個人的には考えます。

。。ま、数回のうちに
2回、必要経費を払わないと
いけないって考えると、
「ただ その順番がきた」
って感じで受け止めた方がいい
と感じてます。

持ち金により「立ち回り」が変わる(持論)

。。で、「順番の話し」は
ここまでにして、
次の要素としては、

★持ち金の量

ってのがあると思ってます。

これは、チップが
なくなったら、いくらでも
買い足せるような
ランドカジノでは
あまり関係ないかも
しれないんですが、、

「持ち金がなくなったら
 退場になる」っていう
トーナメント戦方式の
プレイにおいては、
大事なポイントになる
って思ってます。

っていうのも、
「持ち金がなくなったら
 退場になる」って
方式の場合、

■持ち金が少なくなって
 きたら、勝負に
 出るしかない

状況に追い込まれる
からです。

さっきも話した
SB・BBの順番の時の
強制ベットがある限り、

いい手札が来ないからと
いって、すべて
フォールドしていたら
ジリジリと持ち金は
減っていきます。

なので、
「早い段階で
 手を打つ必要がある」
って点で、持ち金が
あるプレイヤーより
狭い選択肢になってしまう
トコは「不利」だと言えると
思います。

逆に、持ち金が
多いプレイヤーは、
強制ベットを払っても
まだまだ持ち金に
余裕があるので、
「強力な状況になるまで
 待ち続ける」って
選択肢も取れます。

そういった意味では、

■持ち金の多い・少ない

が有利・不利になって、
立ち回りも自然に
変わってくるのは
当然かな、、って
考えてます。

人数も要素の1つでは?(持論)

。。あと、もう1つの
要素として、

■参加してる人数

っていうのも、
1つの要素かな、、

って僕的には
考えています。

(これも、おもに
 トーナメント方式の
 戦いで)

前回の確率のトコ
でも話したのですが、

■参加してる人数が
 多いほど、自分より
 強い役を作ってる
 人がいる確率が高まる

からです。

たとえば、

・2人で戦ってる時
・10人で戦ってる時

「J」のスリーカードが
できて、勝負に出た時、
それよりも強い役を
相手が持ってる確率は、
あきらかに「10人」の
時の方が高いのは、
肌感覚でも分かると思います。

なので、参加人数の数も
そのプレイの立ち回りに
影響を与えると
僕は考えてます。

メンバーのプレイスタイル

。。で、次に

■メンバーの構成

です。

これは、もう少し
細かくいうと、

■各メンバーのプレイスタイルに
 反映されるゲームの「場」

って感じでしょうか。。

テキサスホールデムは
「心理戦」の要素も
大きいゲームですので、
各メンバーの「プレイスタイル」を
できるだけ細かく知るコトは
とても大切な要素です。

プレイスタイルって
いっても、本当に
いろんなバリエーションが
あるんですが、よく
言われるのが

  • ルース(loose)
  • タイト(tight)

です。

「ルース」とは、

・とにかく勝負に出たがり、
 持ち札が弱くても
 勝負に出るコトがよくある。
 当然ブラフも多くなりがち

なプレイスタイル。

「タイト」は、

・かなり強い状態じゃないと
 勝負に出ない。
 基本フォールド率が高くなる。

って感じですね。

ルースな人が多いと
「ルースな場」になり、
タイトな人が多いと
「タイトな場」になる
ワケです。

一般的に、

  • ルースな場ではタイトに
  • タイトな場ではルースに

プレイするのが
いいとされています。

。。あと、プレイスタイルで
いうと、これは
あるサイトで誰かが
発言してたんですが、

■初心者は、なんでも
 かんでも「チェック」
 「コール」をしがち

って言ってて、、

「まさに自分のコトだ」
って思いました。(^_^;)

っていうのも、
戦略があまり決まってない
うちは、とにかく
どうしたらいいか
分からないので、

「それほど悪い手でもないので
 とりあえず、チェックで
 様子を見よう」

「レイズは痛いが、ここまで
 参加したので、とりあえず
 コールで付いていこう」

としてしまいがち、、
ってコトです。

。。これって、
相手に「こいつは
そういうヤツだ」って
見切られてしまうと、
ホントいいカモに
なってしまうみたいですね。。

。。こういう風に
プレイスタイルの中には

  • プレイヤーの習熟レベル
  • 戦略に対して どのくらい理解してるか
  • 具体的に採用している戦略

なども含まれていて、
その上に

「勝負に出たがり」
「確率の高いトコロでしか勝負に出ない」
「優柔不断でチェック・コールが多い」

みたいな「気質」が
かぶさってる感じだと
思います。

心理戦って要素が
ある限り

  • 各メンバーのレベル・戦略・気質
  • 各メンバーが合わさるコトで形成される「場」の雰囲気

については、深く
把握できるに
越したコトはありませんし、、

それによって
立ち回りも
変える必要がある
と思います。

まとめ

。。って、いろいろ
と話してしまったので、
最後にまとめておくと、、

カードが配られる
前にも、その後の
立ち回りに影響を
与える要素は いろいろ
あって、、

■順番(ポジション)
・最後にアクションを起こす人が有利

■持ち金
・多く持ってる人が有利

■人数
・多いほど勝ちにくい

■メンバー構成
・相手のレベル・気質・戦略を知ってる方が圧倒的 有利

って形になります。

これによって、その
1回のプレイの大まかな
「方向性」が決まる
ってイメージですね。。

。。じゃ、次回は、
いよいよ「プリフロップ」の
立ち回りについて
話していきたいと思います。

ではでは~

⇒⇒(次記事)プリフロップの立ち回り