ブラックジャックのプレイ画像キャプチャ
石田カジ男石田カジ男

じゃ、今回は、オンラインカジノでボーナスを「いらない」って拒否する戦略について話していきます。

オンラインカジノで
ありがちなキャンペーンに

「入金額に応じて
 大量のボーナスが
 もらえる!」

みたいなの、、
ありますよね~。

100%以上、、中には
「200%」とか、トガッた
入金ボーナスも
あったりします。

。。でも、それを

「そんなモノ、、いらない

って拒否する人も
いるんです。

(↑僕もどっちかと
 言えばそっち派)

「え~っ!!200%なら
 100ドル入れたら
 200ドルじゃん!
 どうして、そんな
 おいしい話し、
 断るの?」

って疑問に思う人も
いるハズ。。

その「いらない」って
裏にある戦略について
話していきます。

オンカジでボーナス「いらない」の理由は「必要賭け金」と「ベットの制限」

。。ま、当たり前
なんですが、
ボーナスを「いらない」
って言うのには
理由があるんです。

その理由としては、

■ボーナスをもらうと
 「必要賭け金」と
 「最大ベットの制限」の
 条件が付いてくる

ってトコなんです。

そりゃ僕も、

「なんの制限もなしに
 200%あげる」

って言われたら、
もらいますよ!(^_^;)

そういう100%おいしい
話しじゃなく、
ボーナスをもらった
時に付いてくる「条件」が
わりと厄介なんですね。

たとえば、

  • もらったボーナスの40倍の必要賭け金
  • ボーナスを含むベットは5ドルが上限

こんな風な制限が
入るんですね。

さらに、多くのネカジの
場合、この条件は、
「スロット」とかは
そのままなんですが、

「ルーレット」「ブラックジャック」
「バカラ」

とかのゲームについては、
さらに10倍以上の賭け金が
必要になるコトも多いんです。

400倍としたら、
たとえば100ドル入れて
200ドルのボーナスを
もらったとしたら、

200×400 ⇒ 8万ドル

しかも、最大の賭け金は
5ドルなので、

1万6千回
賭けないといけない
ってコトになります。

(これらの条件は
 オンカジのサービスに
 よって かなり変わって
 きますので、注意
 ください)

「短期決戦」「大勝ち逃げ」戦略にはボーナスは邪魔

ほぼ全てのネカジの
ゲームには、
「ハウスエッジ」といって

■ほんの少~しだけ
 カジノ運営側にとって
 有利な仕組み

になってます。

たとえばルーレットだと
「赤」か「黒」にベットしても
勝率はほぼ2分の1に思えるんですが、
「00」があるので、
ここに入ってしまうと、

赤に賭けても
黒に賭けても
回収されてしまう。。

この2分の1より
「ちょっとカジノ側有利」
なトコが「ハウスエッジ」に
なるワケですね。。

。。ま、いろんな
戦略があるので、
一概には言えないんですが、
ハウスエッジがある限り

■賭ける回数が増えれば
 増えるほど、プレイヤーは
 不利な立場になる

って考え方があります。

つまり、さっきの例の
ルーレットで言うと、

5回くらい賭けるのであれば、
まぁ~「00」が1回も
出ないコトは多いと
思いますが、

10回、100回、1000回・・・
ってベットする回数を
増やしていくと、
一定確率で「00」に
当たる可能性は増えていくのが
分かると思います。

なので、1つの戦略として、

■短期決戦で短く
 まとめて、勝ちを
 作って逃げる

って戦い方が
あるんですね。

その場合、この
「ボーナスをもらうコトで
 付いてくる条件」が
邪魔になるってワケ
なんです。

これが、ざっくりとした
ボーナスを「いらない」って
人の考え方だと思います。

ハウスエッジの低いテーブルゲームなどが対象

。。ただ、これは
全てのオンカジのゲームに
当てはまるかっていうと、
そうでもないと思います。

おもに、

■ハウスエッジは低いけど
 極端に大勝ちもできない
 テーブルゲームなど

でプレイしてる人に
ボーナスを「いらない」って
人は多いと思います。

たとえば、前の方の例で
1万6千回の必要賭け金が
発生した場面で、、

「ルーレット」で全て
賭けるコトにして、
それを全部「赤」に
賭けたとすると、

。。まぁ、1万6千回も
回したら、そりゃ何回かは
「00」にも入りますし、

勝ち負けの確率も収束して
いくので、たいていは、

■「00」の分だけ
 負けてしまう

という将来が見えています。

ただ、こういった
テーブルゲームは、
ハウスエッジがかなり
少ないモノが多いので、
カジノ側も余計に
必要賭け金の条件を
上げてるモノが多く、
それが「ボーナス離れ」に
つながってる、、って
考え方もできます。

スロットとかメインならボーナス不要は「なし」

。。でも、同じオンカジでも
「スロット」とかの
ゲームになってくると
話しは違ってきます。

そもそも、
スロットとかだと、

「よし、今日は
 3回だけスピンして
 終わりにしよう。」

とか決めて
プレイする人とかは
ほぼいないですよね(^_^;)

プレイスタイルとしては、

■回数をブン回して
 大勝ちを狙いに行く

って形が多いと思います。

そういうプレイに
とっては、逆に

★こういったボーナスは
 ありがたい存在

になりますね。

入金200%ボーナスなら、
いつもの3倍の量
ブン回せるので、
それだけ大勝ちも
しやすくなる形です。

なので、ざっくり言うと

■ハウスエッジはやや
 高めでも、一撃の
 大当たりが狙えるゲーム

については、
ボーナスはむしろ
「いる」存在になる
ってコトです。

。。まぁ、ゲームの
流れによっては、
ボーナスが邪魔になる
コトもあるかもしれませんが、、

(たとえば、開始直後に
 そこそこの当たりが出て
 そこで終わりたい時とか)

あんまり「いらない」って
拒否する人は少ないと
思います。

オンラインカジノのボーナスは「戦略次第」

。。ネカジのボーナスが
「いる」「いらない」について
いろいろ話してきましたが、

ざっくりと まとめると

  • テーブルゲーム系: いらない
  • スロット系: いる

って形になると
思います。

もう少し具体的に言うと、

  • 短期決戦・勝ち逃げ系: いらない
  • 回数を回して大勝ちを狙う系: いる

って形ですね。

。。ま、この2択に
かぎらず、オンラインカジノには
いろんな戦略があると
思いますので、、

その戦略にとって、
ボーナスが

「有利に働くか」
「不利に働くか」

で判断するのがいいと
思います。