オッズ計算アプリのキャプチャ画像
石田カジ男石田カジ男

連載してるテキサスホールデム奮闘記…今日はオッズ計算のアプリを使ってみた記事です。

とくに、いろんな
オッズ計算のアプリを
使ってみて、これが
良かったってのでは
ないんですが、、

たまたま使ってみた

Odds Calculator for Poker >>

っていうのが、
良かったので、
いろいろ使ってみた
感想や学べたコトを
話してみます。

Odds Calculator for Poker(オッズ計算アプリ)の特徴

とくにオッズ計算用の
アプリを探してたワケじゃなく
「テキサスホールデム」で
検索してたら たまたま
出てきたのが、この

Odds Calculator for Poker

。。使ってみたら、
わりと面白いし、
よくできたアプリの
ように思いました。

このアプリの特徴
としては、、

  • 操作が直感的で分かりやすい
  • 洗練され、シンプルなデザイン
  • プレイヤーは10人まで登録可能
  • 「実際のカード」「レンジ」「プリセット」で各自のハンドを選択できる
  • ボード(コミュニティカード)の指定も可能

って形で、かなり
いろんなシチュエーションでの
勝率をわりと簡単に
計算できます。

計算方式としては、
おそらくですが、

■実際に何度も
 戦わせてみて
 勝率を導き出してる

式みたいです。

なので、ビミョーに
結果が違ってたり
するコトもありますが、
。。ま、これは
個人的には あまり
気になりません。

とにかく、使い勝手が
よく、いろいろ試せるので
あれこれイジってるだけで
自然と学びにも
つながっていく
ので、
とくに僕みたいな
初心者の人には、
使ってみる価値のある
アプリだと思います。

「Odds Calculator for Poker」を使ってみた…

まず、簡単で面白いのは

「実戦のシミュレーションや振り返り」

としての使い方ですね。。

たとえば、

・フロップで3人参加して、
 それぞれが持ってるカードは
 コレで、ボードには
 この3枚が開かれた・・・

みたいなシチュエーションを
設定していくと、
この3人の勝率が簡単に
でてきます。

実際に対戦した時の
状況を再現して
勝率を確認する
のも
いいですし、、

いいハンドや
ビミョーなハンドが
きたと想定した時の
ゲームの進行に対する
勝率の変化をみていくのも
面白いと思います。

「レンジ vs ハンド」「レンジ vs レンジ」などでもオッズ計算が可能

。。あと、この
Odds Calculatorで
面白いのが、

★ハンドだけじゃなく、
 「レンジ」を設定するコトも可能

ってコトですね。

たとえば、

・相手がガチガチの
 狭いハンドレンジで
 攻めてくるのに対して
 「67s」とかって
 どんな勝率なの?

って調べるコトが
できます。

。。まぁ、これは
弱いんですが、、(^_^;)
たとえば、

・フロップに どんな
 カードが落ちれば
 この形勢は逆転するか?

とかも、調べていく
コトもできます。

。。あとは、もう
一歩進んで、

■こういうレンジで
 打ってくる相手に対して、
 どういうレンジで
 立ち向かえばいいか

って感じで、
レンジとレンジで
勝率を計算するコトが
できます。

もちろん、狭いレンジほど
一般的には勝率が高いんですが。。

レンジを指定した時に
表示される「combo」
地味に便利ですね。

これは、そのハンドが
くる「確率」みたいな
形で%で表されてます。

たとえばガチガチに
絞った11%のレンジより
ゆる~く絞った
66%のレンジの方が
参加率は高くなるハズです。

単純に考えると、
6倍も参加するコトが
できますね。

。。ま、対戦状況にも
よるんですが、

・参加者にガチガチに
 絞った人が多く、
 強制ベットが高い状況

とかでは、

・絞った人に対しての
 勝率が比較的高く
 参加率の高いレンジ

などを導き出してみるのも
面白いと思います。

。。ちなみに、
レンジの指定は、
前にも話した
「ハンドレンジ表」みたいに
なっていて、

・1マスごとに
 指定する

コトもできれば、
スライドを
ギュイ~~ンって
動かすと、

だいたい勝率の高いトコから
低いトコに向かって
埋まっていってくれる
ので、
この辺りの操作感も
スゴくいいと思います。

レンジの研究にも使える

。。で、

・レンジをイジって
 勝率をチェックできる

ってコトは、これって

★レンジの研究

にスゴくいいんですよね。。

つねに

・参加率(コンボ)
・勝率

を確認しながら
レンジを編集していけるので、、

いろんな場面を
想定した自分なりの
レンジを作るコトも
可能になってくると思います。

。。あと、その状況で
フロップに何が落ちた時に
勝率がハネ上がるかも
くわしくチェックするコトが
できるので、

■フロップ以降の正確な選択

についても、
学ぶコトができると
思います。

Odds Calculatorは「プリセット」もかなり便利な機能

。。あと、この
Odds Calculatorには、

■プリセット

として、6つの
ハンドレンジが
登録されていて、

タップすれば
それをスグに
呼び出すコトが
できるので、
便利です。

  • Open at UTG
  • Open at MP
  • Open at BTN
  • Open at SB
  • Call/3-bet to UTG
  • Call/3-bet to BTN

。。何かの定石に
基づいてるのかとかは、
ちょっと分からないんですが、、(^_^;)

「Open at BTN」くらいまでは
わりと王道的な定石っぽいんですが、
「Open at SB」とかは、
かなり変わったハンドレンジの
ような気がしました。

「Call/3-bet to UTG」とかは、
「Open at UTG」のハンドレンジに
応えるような形で、
一定の勝率が上がるように
組まれたハンドレンジみたいですね。

これらのハンドレンジを
「ひな形」にして、
自分で、いろんなハンドレンジに
編集してみる
のも
面白いと思います。

。。ただ、1点、
「あってほしかった機能」
このプリセットに

・自分が作ったハンドレンジを
 登録できる機能

ですね。。

これがあると
神アプリだと
思いました。

。。ただ、それが
なくても、十分に
優秀で使いやすい
アプリだと思います。

Odds Calculator for Poker >>

。。で、
次の記事では、
今さら感はありますが、
テキサスホールデムの
人気の入門書を読んでみた
記事。。

⇒⇒(次の記事)入門書を読んでみた