石田カジ男石田カジ男

では、今回は、ブラックジャックがディーラーに有利か、プレイヤーに有利かって話しをしていきます。

。。ま、ネカジに限らず、
すべてのカジノのゲームは、

「ディーラー(胴元)側が
 有利なように作られてる」

ってコトなんですが、、

ブラックジャックについても、
そこんトコロを深堀りして
いきたいと思います。

ブラックジャックがディーラー有利なのはドコ?

さっきも話したように
すべてのカジノゲームでは
「ハウスエッジ」といって、

■少~しディーラー(運営)側が
 有利なようにできている

という形になっています。

なので、数回の
プレイでは分かりませんが、
同じゲームを数万回、
数千万回とやってると、
ディーラーはトータルで
ほぼ確実に勝てるって
構図になってます。

ルーレットなら
「00」があったりして、
ハウスエッジも分かりやすかったり
するんですが、
ブラックジャックでは、
この

■ディーラーが有利なポイント

は、なかなか
見えづらくなっています。

まずもって、
大きなポイントは、

★プレイヤーがバーストしてしまった
 時点で負け

ってトコです。

本当だと、

■プレイヤーがバーストして
 ディーラーもバーストしたら
 引き分け

っていうのが公平な
ルールのような気がしますが、
ブラックジャックは
プレイヤーがバーストで
即終了になってしまいます。

ここのディーラーの
有利性はデカいと思います。

。。実は、ブラックジャックは
「バーストゲー」なんですね。

。。っていうのも、
「10」とカウントされる
カードが、実質「10」だけ
じゃなくて、

■10、J、Q、K

と4種類もあるため、
「10」を引く確率が
とても高いような
設定になってるんです。

なので、
手札が「12」の時に
ヒットすると、、

バーストする確率は、
10分の1ではなくて、
13分の4、、

つまり、「約30.8%」の
確率でバーストしてしまう
という形になるんです。

手札の数が増えていくと
バースト率も当然もっと
高くなりますので、
いかにブラックジャックが
「バーストゲー」なのかが
分かると思います。

そんな「バーストゲー」
なので、

■バーストした時点で
 プレイヤーの負け確定

がディーラー有利の
一番のポイントに
なるんですね。

。。あと、
もう1点、一般的な
ブラックジャックでは、

■ディーラーの手札が
 17の時点で、ディーラーは
 スタンドする

ってルールに
なってるのが多いですが、
この「17」ってサジ加減が
絶妙で、これによって、
全体的なバランスで
ディーラーが有利になるように
調整しているみたいです。

ブラックジャックでプレイヤーに有利な点は?

さっき見てきたように、
ブラックジャックは
「バースト即終了」という
プレイヤーにとっては
不利な条件が与えられてるため、
プレイヤー側に有利な条件を
加えるコトでバランスを
取っています。

その、プレイヤーにとって
有利な条件をみていきますと、、

■■ヒット・スタンドが選択できる

2枚のカードが
配られた後、
プレイヤーが

・もう1枚引くか引かないか

「ヒット」「スタンド」の
権利は、プレイヤー側が
選択できるようになっています。

これはプレイヤーにとって
有利なポイントと言えるでしょう。

逆に、ディーラー側には
いっさいの選択権がなく、
ただルールに決められた通りに
進行していくのみですんで、
そういった面では、
ブラックジャックは

■ディーラーとの駆け引きを
 楽しむゲーム

ではなく、

■場の流れを読みつつ
 いかに勝っていくか

を選択していく
「自分との戦い」的な
ゲームの側面を持ちます。

■■「ブラックジャック」は1.5倍

プレイヤーは、
手札が「21」ちょうどで
「ブラックジャック」になり
勝利金が1.5倍になります。

が、ディーラーには
そのルールが適応されません。

これも、ゲームバランスを
取るためのプレイヤー有利要素の
1つですね。

■■付加ルール(オプション)も豊富

その他にも、

  • スプリット(手札を分ける)
  • ダブルダウン(賭け金を倍にし、1枚のみ引く)
  • サレンダー(降りる)

というような、
いろんなオプションが
プレイヤー側に
与えられていて、
これはプレイヤー側に
取って有利なように
作られています。

。。ただ、これらの
有利性を加味しても、
少しだけディーラー側が
有利なように調整されている、、

ブラックジャックは
そんな設計になっています。

ブラックジャックは、ハウスルールの種類も豊富

また、ブラックジャックには
「ハウスルール」という
モノがあり、カジノごと、
ゲームごとに、ルールに
細かい調整が加えられてる
モノがあります。

  • プレイヤーのオプションのありなし
  • プレイヤーのオプションの条件付加・制限など
  • ディーラーのヒットの条件の変更
  • 「ブラックジャック」時の勝利金の率変更

などです。

プレイヤー側に
有利に働くルール変更の
場合もあれば、
ディーラー側に有利に
なるような変更もあります。

。。ま、分かると思いますが、
それでも、確率的にいうと、
トータルとしては
ディーラー側に有利に
なるように設定されてる
コトには変わりないと思います。

(さすがに そこを
 外すと、普通に
 カジノ側が負け続ける
 ブラックジャックなんて
 あり得ませんからね)

「ベーシックストラテジー」で勝率が上がる

。。あと、これも
「プレイヤーに有利」って
言えるかもなんですが、

ブラックジャックには、

「ディーラー側は
 ただルールに従って
 カードを引くだけ」

という特性があるので、
プレイヤー側の選択は
すべての「勝率」を
正確に計算するコトが
可能になります。

。。で、その
「勝率を極限まで
 上げるための選択」
も確率論的に
決まってくるという
ワケです。

この「選択」を
全て網羅したのが

■ベーシックストラテジー

と呼ばれるモノです。

グーグルの画像検索で

ブラックジャック ベーシックストラテジー

と検索すれば、
いっぱい画像が
表示されますが、これが

■各手札における
 勝率を最大に上げる
 ための選択

になります。

⇒⇒ グーグルの画像検索の結果

このベーシックストラテジー
通りにプレイすると、
勝率は、それでも少~しだけ
ディーラー側に有利に
なるのですが、

■ほぼ 50:50

になると言われています。

なので、ブラックジャックは、
カジノの中でも
メチャ勝ちやすいゲームだと
言われてます。

オンラインカジノならではのメリット

。。で、個人的には、
オンカジでブラックジャックを
プレイするコトの有利な点が
もうひとつあると思っていて、
それは、

■プレイヤーが
 流れのいいトコロで
 すぐに辞められる

トコだと思ってます。

究極の話し、

★1回のプレイだけでも
 辞めるコトができる

んですね。

ランドカジノに行くと
そういうワケにも
いきません。

ラスベガスに行って、
ブラックジャックを
1回だけやって、勝ったとして

「よし、今日は そんなに
 ツイてないと思ってたのに
 1回勝てたので、これで
 終わりにしよう」

ってできる人は
いないと思います。

。。でも、オンカジなら
それができます。

ここは、オンカジの
強烈なメリットだと
個人的には思ってます。

僕も、まず
ベーシックストラテジーの
存在を知って、

⇒⇒ ジパングカジノ

ってトコで
チマチマ賭けてる
時に、この法則に
気づきました。

(今は分からないけど、
 当時のジパングカジノは
 0.1$からブラックジャックが
 できました)

爆発的に稼げるような
方法じゃありませんが、
地味に持ち金は増やせて
ますのでオススメですね。